The Maker Movement

賃貸経営を成功させるポイントは入居者選び

空室リスクを恐れすぎない

賃貸アパート経営を行う場合に最も恐れるべきリスクは空室リスクと言われていますが、そのリスクを恐れるあまり、入居者審査が甘くなってしまうと違った問題が生まれてしまいます。家賃が払えないのに居座る人がいれば空室の方がまだましですし、マナーの悪い入居者のせいで既存の入居者が出て行ってしまうということも考えられるでしょう。空室リスクを恐れすぎるあまり審査を甘くすることは、賃貸経営を危うくすると理解しておく必要があるでしょう。

失敗しない入居者の選び方とは

入居者選びや入居者審査というのは賃貸アパート経営において重要なものですが、どのように審査をするのがいいのでしょうか?入居者を理不尽に断るとそれはそれで問題ですので、入居者選びの明確な基準をあらかじめ決めておくといいでしょう。そうすれば、入居者の審査のばらつきを抑えることに繋がりますし、公平な入居者選定も可能になります。さらに、基準を設ける段階で審査について真剣に向き合うという効果も期待できるでしょう。

信頼できる不動産管理会社を選ぶ

アパートのオーナーとして入居者審査のすべてのプロセスに携わってもいいのですが、物件数多くなってくるとそうはいかないでしょう。そのため、不動産管理会社に基本的な審査をしてもらって、オーナーが最後に許可を出すという形にするのがいいでしょう。そうなってくると、実際の審査のほとんどのプロセスを行うことになる不動産管理会社の力量が問われます。賃貸アパートの経営者としては、いろいろな観点から管理会社を選ぶでしょうが、入居者審査をしっかり行ってくれるという点にも注目する必要があるでしょう。

一戸建てに暮らす場合にはローンの審査があったりといろいろと面倒なことがたくさんありますが、札幌市白石区の賃貸マンションは賃貸なのでローンの審査などの面倒なことがありません。

Comments are closed.