The Maker Movement

新婚生活に最適な賃貸選びのポイントとは?

家賃と収入のバランス

家賃は収入の3割りまでとよく言われますが、無理のない程度にバランスを考えて選んでいかなければいけません。今は新婚でも共働き夫婦は増えているので、お互いの収入を合わせてそれに見合った家賃であることが大切です。その他に、女性が出産をしても働き続けるかによっても影響してくるので、きちんと話し合っておきたいところですよね。家賃は安く抑えられるほどいいですが、せっかくの新婚生活が快適な環境でなければ気分も良くありません。新たな生活のスタートとして、それにふさわしい家賃で温かな家庭を築いていきましょう。

将来のことを考えた部屋の広さ

将来、子供ができたときのために、部屋の数やリビングの広さにも意識して選んでいきましょう。子供が成長するまでに住宅購入など引越しの予定がある場合は別ですが、そこで長く住み続ける場合は将来的なことを考えておく必要はあります。今の2人だけに見合った広さだけでは、子供の成長とともにだんだんと狭くなり、小学校入学前には子供部屋の確保もしなければいけませんよ。また、子供が小さい内は引越しも大変な作業となってくるので、子供のことも考えた賃貸選びも頭に入れておきたいポイントです。

近くに交通機関やスーパーがあることも重要

新婚生活では、2人が長くいられる時間が大切です。特に夫婦が共働きであれば、通勤時間が短縮できるので、近くに交通機関があることはとても重要です。通勤しやすいというだけでなく帰宅時間も早くなり、新婚生活を満足に送っていけるようにもなるので嬉しいですよね。また、近くにスーパーがあることも、買い物がしやすいので仕事帰りにでも買い物ができて、家事の負担も少なくしてくれるので助かります。結婚生活を楽しく送っていくにはやはり最初の生活が肝心なので、お互いが無理なく協力し合える賃貸であることを確認していきましょう。

一戸建ては木造で造られているので強度に不安が残りますが、森の賃貸マンションは鉄筋コンクリートで造られていて強度もあるので地震が起きたときも安心です。

Comments are closed.